人見知りが無計画ワーホリ inアイルランド

人見知りをこじらせたオタクのアイルランドワーホリ。

ダブリン市内の無料で休憩できるスポット

こんにちは。

いつのまにか前回の更新からひと月以上もたっていました。

ロンドン行ったりフランス行ったり相変わらずworkawayしたりいろいろあってすっかり手が止まってしまってましたね。マメな更新が苦手なもので。

 

先日ロンドンに行ったら街中にベンチや人通りの多い中でもスーパーのデリを開いて食べている猛者の多さにびっくりしました。

ダブリンで語学学校に行っていた頃は朝用意したお弁当を食べる場所を探し歩いていたなあと思い出しました。

 

そこで、私が早く知っておきたかったダブリンで無料で休憩できるスポット、お弁当を食べられる場所などを紹介したいと思います。

 

●CHQダブリン

f:id:toy1317:20190222204251j:plain

ダブリンで無料で休憩、というと私はまず公園のイメージでしたが一番のおすすめはここ。

リフィー川沿いにある複合施設で屋根があるため雨でも安心。

Wi-Fi、無料トイレ、テーブルありといういわゆるフードコートのようなところ。

オコンネルストリートから徒歩10分と微妙な距離のために観光客は多くありません。

周辺がオフィス街なので昼時はビジネスマンで賑わってますが、広いためたいていはどこかしらに座ることができます。

もちろんテイクアウト食品やスタバなどのカフェもありますのでここで買って食べることも可能。

施設内にはEPICという移民の歴史博物館もあり学生団体がいることもありますが、適度な静けさと音楽と清潔感がお気に入りでよく入り浸っています。

平日:07:00〜19:00

土日:09:30〜18:30

 

 

●公園

お弁当広げるっていうとやっぱり天気のいい日は公園ですよね。

ダブリンにはいたるところに公園があります。地図の緑のところは当然ながら公園です。

ダブリンといえばフェニックスパークというヨーロッパ最大の公園もあるのですが、中心部から歩いて1時間くらいかかるので省略。

 

リフィー川南、トリニティカレッジ近くのセントスティーブンスグリーン公園は映画「ONCE ダブリンの街角で」のロケ地にもなった有名な公園です。

ただお弁当の天敵である鳥たちが多いので注意が必要です。

私はあまり行かないのですが、広くて屋根のある休憩場所などもあのんびりしたところです。

f:id:toy1317:20190222204542j:plain

リフィー川北だとオコンネルストリート北端近くのガーデンオブリメンブランスがおすすめ。

小さな公園ですがベンチがたくさん並んでいてのんびりしている人やランチを食べている人もいるので居心地も良い。

すぐ横にあるシティギャラリーヒューレーンは入場無料でカフェやトイレもあります。もちろんギャラリー自体も素敵なので観光にも最適です。

セントスティーブンスグリーン(St.Stephen’s Green Park)

開園時間:07:30(土日09:30)〜日没まで

 

ガーデンオブリメンブランス(Garden of Remembrance)

開園時間:08:30〜18:00

 

 

●図書館

静かに勉強する場所といえばやっぱり図書館ですよね。

中心部の図書館セントラルライブラリーはIlacというショッピングセンターの2階にあります。

飲食はできませんがWi-Fiはもちろん席によってはコンセントもあります。

広くはないため満席で座るところがないということも珍しくないですが、ダブリンではコンセントの確保ができるところが少ないので貴重な無料の電源です。

ちなみにここではlanguage exchangeも頻繁に行われていますので英語の勉強にも最適ですね。

Central Library

平日:10:00〜17:00

金土:10:00〜20:00

日曜祝日閉館

 

 

以上、ここにあげた場所はダブリンのごく一部に過ぎないと思うので、自分の足でお気に入りスポットを探すのもダブリン生活の楽しみのひとつではないかと思います。

もちろんダブリン市内にはステキなカフェもたくさんありますのでゆっくりしたい時にはお洒落なカフェで一服するのも良いと思います。

ステキなダブリン生活、ステキな節約ライフを!